top-image

2012年 02月 28日 のアーカイブ

平成24年2月28日 3月議会初日

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 28日

本日3月議会初日を迎えます。

予算もありいつもの倍の資料があります。

しっかりと議会に臨みたいと思います。

一般質問まとめていたら、朝になってしまいました。

私の質問は6日の15時前後です。是非傍聴に足を運んでください。

一部質問内容掲載します。

1. 市の教育方針について

①武道教育の必修化に伴う市の教育方針について

1.武道教育実施に伴う市の考え方(何を伝えるか)方針は?

2.各地で問題になっている安全性の対策は?

3.指導する側に充分な教育が徹底されているか?能力は?

4.各団体と協議し、外部指導者を取入れてはどうか?

5.柔道・剣道にこだわらず、競技人口も考慮し、ダンスや空手弓道など幅広く視野に入れて選定しているか?

2.まちづくりについて

①観光都市として

1.の棒の城公開に伴い他県他市からの観光客が増える中で具体的なおもてなしの強化をするべきではないか?

(1)JR行田・吹上からの市内観光地への誘導は?

(2)市内循環バスに行田市ゆかりのペイントをしてはどうか?

②環境対策について

1.水を活かした街づくりを具体的に実行するべきではないか?忍川の美化活動。特に行田市駅周辺は観光客に目に付く場所である。水の街行田をアピールするべく、地域住民に声を掛け力を合せて美化徹底をするべきではないか?

2.松くい虫の対策について

1本の松から4キロも飛んで被害を拡散してしまう。行田でも大量に発生している。環境保全の面からも早期の対策が必要ではないか?

③安心安全の街について

1.パチンコの規制をするべきではないか?

(1)新規出店の禁止、既存店へは床面積比例課税を。

(2)生活保護受給者のパチンコ禁止を明確に打ち出し、指導を徹底すること。

(3)パチンコ依存症で人格を破壊していく事実から、娯楽では無く、社会環境を悪化させる原因という認識はあるか?依存症の蔓延防止・相談にNPO団体との連携を図れないか?

またこうした事実を公報などを通じて広められないか?

 

40分で終わるか心配です。

 

 

 

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月22日 行田青年会議所訪問例会inアイトピア

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 27日

行田青年会議所主催の訪問例会が盛大に執り行われました。

アイトピアの会場を埋め尽くす他市のロムの方々や、一般客を合わせ200人以上のお客様が足を運んでくださいました。

連日の駅頭で声がやられてしまい、聞き取りにくい司会進行になってしまいましたが、精一杯司会を務めさせて頂きました。

講演には私の政治の師である林英臣先生に{歴史から紐解く義と人間力}というテーマで、約1時間半に渡り、熱い講演をして頂きました。

会場はピンと張りつめた空気で先生の熱気が伝わってきました。

会場を訪れてくださった方々も、非常に喜んで帰られた様で、司会進行役としましても一安心いたしました。

今後許可がおりれば、ケーブルテレビや、青年会議所HP・動画サイトで流れると思いますのでお楽しみに!

直前の会場の様子

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月21日 朝のご挨拶ビラ配り

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 27日

まだ朝は冷えますが大分陽の上がりも早くなりました。今回も200枚全て配布出来ました。受け取って頂きありがとうございます。

朝のご挨拶と行田青年会議所主催の訪問例会のご案内を吹上駅で行いました。

 

 

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月20日 3月議会の告示召集

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 27日

3月議会の告示召集がありました。

今回は予算もあり、前回の倍以上の資料があります。

また本議会より「議会改革委員会」が設置され、ケーブルテレビ放送を見越した議会改革が検討されます。

一年生議員は、委員になれないらしく(なぜ?)私は残念ながら委員会には参加出来ませんが、同会はの松本市議が副委員長を務め、私の考えも取り入れてくれるので、お任せしました。

私の考えとしては、大きな課題として

・議会の一般質問を一問一答制にする

・質問時間を答弁込みで一定の時間(1時間)にする。

・議場に国旗、市旗を掲揚する。

・ケーブルテレビ、インターネット放送の準備をする。

・議員定数の見直しを図る。

等です。まだ細かい項目はありましたが、他の議員からの意見も取り入れ、傍聴する方にわかりやすい議会を目指すべきと考えます。

長い道のりですがまずは一歩を踏み出した形です。

 

尚、私の一般質問は6日の15時前後です。お近くの方は是非傍聴に足を運んでください。

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月18日 さくら会館

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 27日

持田にあるさくら会館で毎年恒例のハーモニカコンサートを開催しました。

私の義父のお手伝いをさせてもらいながら、市政と私の活動について少しお話させて頂きました。

毎年の恒例行事となっており今回で5回目。来年の予定も入れて頂きました。

主催者の挨拶。この後私もお話をさせて頂きました。

父の熱の入った演奏。何度聞いても素晴らしい音色です。ハーモニカはなぜか心がほんわかします。

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月15日 県庁訪問、視察

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 17日

鈴木聖二埼玉県議会議長に案内して頂き、県庁を視察してきました。

議長室で議長と記念撮影。国旗と県旗が誇らしく立ててあります。

議場の様子。議長席に座りました。やはり議場にも国旗県旗が掲揚してあり、行田の議場にも国旗、市旗を掲揚すべきと改めて思いました。三月議会で提案してみます。

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月15日 議会勉強会

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 17日

第5回目の会派勉強会今回は、市民生活・防災安全について勉強しました。活発な議論も出て有意義な勉強会になりました。

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月11日 建国記念日(紀元節)&息子の誕生日

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 17日

2月11日は建国記念日(紀元節)

紀元節『日本書紀』が伝える神武天皇の即位日として定めた祭日。1873年(明治6年)に定められた。

そして我が息子の誕生日。

家族で靖国神社に参拝に行ってきました。

大村益次郎像の前で息子と。(1824-1869) 陸軍の創立者。周防(すおう)の人。一時、村田蔵六と称した。適塾で蘭学を修め医師となる。のち長州藩で兵学を講じ、戊辰戦争では官軍を指揮して彰義隊を討伐。1869年(明治2)兵部大輔となり、兵制の近代化に尽力したが、同年守旧派に襲われ死去。

中門鳥居と拝殿の前で息子と。現在中門鳥居は平成18年(2006)に建て替えられたもので、埼玉県の檜が用いられています。

神門から見た拝殿・本殿。家族で本殿にて正式昇殿参拝もし、御英霊に感謝申し上げ、祖国の繁栄を祈ってまいりました。

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月9日~ 石巻復興支援

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 17日

石巻の海岸線、震災前は水産加工業が盛んでしたが、再開には時間がかかりそうです。

石巻市街地にある瓦礫集積所。自然発火で火事になったこともあり、今は瓦礫にパイプをさし、熱気を外に排出するように工夫しています。

石巻インターを降りてすぐ、パチンコ屋が堂々と開店していました。開店前から列をなし、お客が溢れています。働くと補助がもらえない人が時間を持て余し仮設住宅から通っているケースも少なくないようです。

震災前は、10時~22時営業だった店も、客が溢れている為に、現時点では酷いところで7時~23時30分まで営業しているパチンコ店もあるようです。ゆるせん!!日本の国体を弱体化させるパチンコには大幅課税と違法性を訴えていきます。

気を取り直して、林塾の同志である地元若手有志に案内してもらい石巻の各小学校に低学年向けの教材本を配ってきました。

石巻市立稲井小学校。前に停車中のバスは、地元の方々がお金を出し合い、学校への定期便を出しているそうです。

小学校の校庭に、中学校と小学校の仮設校舎が2棟建っています。

仮設校舎に入ると世界各地から、励ましの旗や絵が送られ、掲示してあります。

日本全国からも励ましの寄せ書きが送られています。

子供達は真剣に授業を受けています。一日も早い復興を望みます。

各フロアに一か所しかない手洗い場。蛇口も4つしか無いですが、譲りあって仲良く使用していました。

仮の棚しかない図書室。以前の本はほとんど流されてしまい、各地から送られてきた本がほとんどです。

楽器も各地から集まってきたようです。ほとんど新しいものばかりで今年は学芸会で音楽発表会を予定していると先生がおっしゃっていました。子供達も保護者も楽しみにしているようです。

今回一緒に行動している荒川区議の小坂先生(右)と石巻で議員を目指している同志の阿部さん(左)

鮎川にある牡鹿ホエールランドの近くです。ここに町があったと想像できないくらい何もありませんが、地元の方々は力強く立ち上がり、仮設の販売所を設け商売を再開しています。ガソリンスタンドも営業していました。

仮設市場のクジラのお店。ここで店主さんと話すと、同志の渡邉氏が遺品を預かっているパラオ・アンガウル島で勇敢に闘い御英霊となられた島武陸軍少佐の親戚の方に偶然にも出会う事が出来ました。

島少佐のお参りもする事が出来、御英霊に感謝しました。

まだまだ復興には時間とお金がかかりますが、日本人が一体となって忘れずに支援協力し、お互い助け合い一日も早い復興を目指していかねばならないと改めて思いました。

 

未分類 の投稿をすべて表示

平成24年2月6日 東京いずみ幼稚園視察

柿沼 貴志 の投稿 2012年 02月 16日

日本創新党の方々と東京足立区にある

「東京いずみ幼稚園」に視察に行ってきました。下記HP

http://www.izumi.ed.jp/

率直な感想としては、こんなに素晴らしい幼児教育があった事にまず驚きました。

そして幼児教育の重要性を再認識しました。子供の無限の可能性も目の当たりにし、

園長先生の芯のぶれない教育に対する姿勢に日本の明るい未来を感じました。

行政で取り組む幼児教育の今後の課題がはっきりと見えてきました。

私の立場で出来ることから始めていこうと思います。

今回の視察で気付いたこと。

・日本語をしっかりと教えること。

・日本でモノを考えるのは正しい日本語、国語を覚えてから次にいくのが基本

・子供はコピー能力が高い。

・漢字かな交じり文の書物を読ませる。

・ことわざ・百人一首・俳句。意味は分からずとも、千回唱えれば入ってくる。

・繰り返しの重要性。子供は繰り返す事が大好きである。少しの変化を加えあきを感じさせない事も必要。

・国語教育で素地を作れば、大人になって、個性・教養に自然と好影響を与える。

・教育には既得権益がはびこっている。日教組の力が強いのも事実。

・幼児教育は一生もの。右脳を刺激する教育から入ると良い。

・子供は純粋である。嘘が無い。聴覚、感覚から入るとどの子も伸びる。

・教育の内容と、将来像を言い切ってしまう。

・子供任せの教育はダメ。先生が作っていく必要がある。

・音楽で人を感動させるには、聴く側と心のシンクロし、涙が出る。

・初めから本物に触れさせる。

・人の事を大事にする、心がわかる。手を繋がなくても繋がる感覚がわかる。

・小さな子供こそ同じ教育を施し、平らに育てる。

以上、全て目から鱗な経験ばかりでした。

私も、空手を子供達に教えている立場なので、今回の視察で得るものが大きかったと感じています。

中でも一番重要なのは聞く姿勢を作るという事。そこが始まりで教育の肝であると感じました。

これからも日本の教育の未来の為に私も自分の出来る事を全力で実行していきたいと思います。

 

朝礼の風景

四股の動作で準備運動

3歳の子供とは思えぬ集中力

素晴らしい姿勢。ちなみに床は木です。

目隠しをしたまま鍵盤ハーモニカの演奏

生徒全員ほぼ絶対音感が備わっています。

名前も掲示物も全て漢字かな交じり文。すらすら読みます。

この密度でも誰一人私語をせず見事に合唱しています。

未分類 の投稿をすべて表示