top-image

2014年 05月 31日 のアーカイブ

平成26年5月30日 維新分裂

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 31日

国政の政局がにわかに騒がしくなってきています。

みんなの党分裂からはじまり、維新分裂

結と維新が歩み寄り

石原新党とみんなが…

そこに民主がどういう動きをみせるか…

現在自民の一強他弱が益々際立つ。

以前もブログに掲載しましたが、今まで政党助成金なる多額の税からの支出を受けた28の政党。

その中で現在21の政党が解散している…。

これでは国民から政治が見離されてしまうのも無理はない。

野党の役割をしっかり担える政党を早く築き上げ、政局に振り回される事無い政治を国民は求めています。

 

とにかく私は先人の無念を受け継ぎ日本の縦糸をしっかりと護り、次世代に豊かな日本を受け継ぎたい。

地方議員として全力で頑張ります。

 

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月29日 朝のクリーン活動~市役所にて打合せ

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 30日

本日はJR吹上駅北口にて清掃活動をした後、チラシ配布と街頭演説を行いました。

清掃活動スタート

煙草の吸殻やパッケージ、空き缶など散乱していました。

はい!!綺麗になりました!!

綺麗になった駅前で街頭演説スタート

チラシはいつもインターンボランティアが早朝より手伝ってくれています。

その後市役所にて各種打合せを行いました。

6月議会も目の前に迫って来ています。

しっかりと質問考えていきます!!

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月28日 駅頭~絵画展

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 29日

本日はJR行田駅にて駅前クリーン活動の後、朝のご挨拶&活動報告を配らせて頂きました。

ボランティアのインターン生と共に清掃活動をしました。

吸殻が…空き缶が…

街頭演説スタート!おなじみの「声を力に」で頑張ります。

チラシは早朝4時より製版しました。間に合って良かった。

議会のあり方等についてお話しさせて頂きました。

私は、議員になってから今まで毎回議会では発言しています。

残念ながら半数の議員はほとんど質問しない。

選挙で皆様に付託を受け、いただいた議員の最大の武器は、「議場で発言できる権利」です。

議会一般質問を全くしない。本会議は勿論の事、委員会でも全く意見を出さない人。

半数います。権利は責任を伴います。議員としての責務をしっかりと果たして欲しいと市民の皆様は感じています。

これでは、議会と執行部との是々非々の関係が成り立ちません。

行田市を豊かなものにしていくのは、市民の皆様一人一人のお力でなければなりません。

政治を無視せず「我が事」として、地方議員のお尻を叩いてください。

 

産業文化会館1回展示室で行われている毎年恒例の絵画展を視察してきました。

行田市民の描いた素晴しい絵画が複数点展示されています。

私の知人の作品もありました。

入場無料ですので、皆様是非足を運んでみてください。

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月27日 商工会議所会頭訪問取材~上田きよし埼玉県知事「県政10年の検証」

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 28日

商工会議所の会頭である、小川会頭と行田市について様々な意見交換をしました。

内容は後程ご報告いたしますが、まちづくりは大局的な考え方で物事を捉え、地域の歴史に学び、そのまちにあった方策を実行することが大事であるとお話しいただき、全く同感で大変勉強になりました。お忙しい中お時間をとっていただきありがとうございました!

その後場所を大宮ソニックシティに移し「上田きよし県政10年の検証」の設営を仲間の地方議員と共に行いました。

会場は3階席や階段までびっしりと人が集まり、パンフレットが足らなくなるほどの盛況でした。

得意のパネルを使った分りやすい説明に会場に集まった方々も「ウンウン」と頷いていました。

会場には青年会議所の直前理事長にもお会いしました。

今日の午前中に握手した手と非常に似ていました。何故だろう!?(笑)

国政は勿論の事、県政と市政は繋がってこそ市民に喜ばれる施策が実現できます。

私も地方議員として地域の御用聞きに納まらない様に大局観をもって政治活動をしていきます。

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月26日 青年会議所委員会

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 27日

5月16日に行った我々の設営する5月例会の振り返りと9月に設営予定の例会打合せを行いました。

毎回メンバーに支えられ様々な意見を出してくれる事に感謝します。

9月は一般参加型の面白い例会を設営する予定ですので、決まり次第ご報告します。

5月もあとわずか。やり残しが無いように走って行きます!

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月25日 親友の結婚式

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 26日

私の所属する林英臣政経塾の同志でもある荒川区議の小坂英二氏の結婚式に出席しました。

お茶の水駅近くにある神田明神にて婚礼の儀を行いました。

和装がお似合いのご両人で素晴らしい式になりました。

挙式から参列した同志と共に。

披露宴では、林塾長、西村代議士、水島代表とそうそうたるメンバーで鏡割りが行われました。

日本を代表する地方議員として各地で活動を行っている新郎、各地で様々な活動をされている新婦の人望もあり、大物と呼ばれる方々も多数ご列席されていました。

涙と笑いのある素晴らしい披露宴になりました。

新郎と塾長を囲んで塾の同志達と共に

 

私は二次会の幹事という大役も任されており、大変緊張しました。

日本創新党時代の党首である山田宏代議士も心のこもった素晴らしい挨拶をしてくださいました。

これからも同志と共に日本の縦糸を護るべく活動をしていきます!!

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月24日 小学校大運動会~青年会議所会員会議所会議~行田市空手道連盟総会

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 25日

本日は目まぐるしい一日でした。

晴天のもと、行田市内全小学校で大運動会が行われました。

北小入場行進

聖火が次々に手渡されます

聖火台に点火!!大運動会の幕開けです!!

中央小ではカワイイ踊りを披露してくれました!

中央小の6年生。迫力ある徒競走!!

下忍小の綱引きは、特徴があって面白い!!複数の綱をどれだけ早く陣地に引き込めるか!!大接戦でした!!

昨年下忍小学校を卒業した先輩たちも準備に協議に参加して頑張ってくれていました。地域の絆を感じます。

間を縫って、青年会議所埼玉ブロックの会員会議所会議に設営地メンバーとして参加しました。

夜は、行田市空手道連盟の総会。評議員として参加しました。

分単位で移動した一日でしたが、天候にも恵まれ各地で行われた小学校の大運動会が大成功に終わったことが大変うれしく思います。

地域の繋がりをこれからも大切にしていきます。

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月23日 運動会前日準備

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 24日

明日全市小学校で開かれる運動会の前日準備にいきました。

高学年は校長先生と大会準備

低学年は地区ごとに集まって集団下校

明日は天気が良いと予報も出ているので元気に張り切って練習の成果を存分に発揮して欲しいと思います。

私は、総務文教常任委員として北小、中央小、下忍小に伺います。

 

私の看板が新たに設置されました。

お時間あれば探してみてくださいw

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月22日 行田市スポーツ推進審議会~青年会議所委員会

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 22日

表題の会議に委員として出席しました。

議事内容は

①報告 第15回全国高等学校女子硬式野球選抜記念大会について

②報告 第30回行田市鉄剣マラソン大会について

③行田市総合公園プールの跡地利用について、競技種目の選定協議

①②は大会報告。

女子高校野球では、埼玉県勢の活躍があり、女子硬式野球の今後に期待が寄せられます。

鉄剣マラソンは毎年大勢の参加者で全国各地からマラソン愛好者が集まり行田の歴史を感じながらコースを走るという行田市ならではの大きな大会になりました。30周年を迎え、地元の参加者が減少しているという事もあり、今後の方向性を再考する時期に来ていると事務局の報告がありました。

来年は、武蔵水路の工事と重なり、西に渡る橋が使えない事がわかっており、コースをどの様に設置するか、実行委員会で協議していくとの報告もありました。

また、市民の皆様の関心も高い、教育委員会から諮問いただいている総合公園プール跡地利用については、多数の委員さんの意見として、予算も考えて市民が誰でも利用できる第二自由広場としての利用が良いのではないかと案が出ましたが、私はこうした機会に、人工芝とナイター設備が整った、競技場にするべきと訴えました。TOTOのスポーツ施設助成金を使えば、かなりの負担が軽減されますし、こうした機会でないとなかなか大きな事業は踏み込めません。サッカー、グランドゴルフ、タグラグビー、ラグビー、バードゴルフ陸上競技など様々な市民が利用できるスポーツ施設に是非してほしいと強く訴えました。あと数回推進審議会で協議し、答申をしていきます。

 

夜は、私が委員長を務める青年会議所の委員会。

五月例会の振り返り

ひとりでは出来ない事も仲間とならば乗り越えられる。

ここでも多くのメンバーに支えられ本当に感謝です。

未分類 の投稿をすべて表示

平成26年5月21日 久しぶりの建築家業

柿沼 貴志 の投稿 2014年 05月 21日

私が議員になる前に仕上げたマンションの点検で大理石が割れて補修依頼が来ました。

私の専門は、石工事ですが、墓石とは違い、ビルのロビーや外壁、マンションの玄関、大理石のキッチンなど建築に係わる石の仕事です。

私の初めての現場は、東京にある恵比須ガーデンプレイスでした。

バブルは、はじけていましたが、まだまだ勢いのある時代。

新入社員として入社し翌日から大現場へ配属され、ゼネコンは大成・鹿島というビックゼネコン。

私は石工事担当の現場監督的な役割で入ったので、百戦錬磨のゼネコンの監督と、やたら怖い職人に挟まれただがむしゃらに毎日を過したのを覚えています。

私の先輩は朝が弱く、現場に来ない。朝礼では、約1000人の職方がいて、私がひきつれる石職人は60名。右も左もわからないまま、朝礼で人員とその日の安全目標を発表させられ、毎日が冷や汗でした。

幸いなことに私は高校の時から、30歳くらいですか?といわれていたので、現場ではなめられずに済みましたが、業界用語が全く分からない私は、監督や職人が言った事を全て手帳にメモして、必死に伝えたのを覚えています。

毎日朝6時30分に出て帰宅は23時それから呑みに行って、ほとんど寝ずにまた現場。最高記録は、丸3日寝ずに仕事して翌朝記憶を失うように現場の床で寝ていたところを同僚に起こされることもありました。

今思えば、若いから出来たと感心します。労働基準全く無視ですね(笑)

しかし、私達だけでなく、どの業種も同じように人手が足りず、働いていました。

これから、東京オリンピックを控え、建築ラッシュが続く中、今から人手不足が懸念されています。

今の時代、職人は何処も手薄で若い人たちがなかなか育たない。

こうした技を繋ぐことも地域を支え日本を支えるうえで重要な施策になると考えます。

後手に回らない様に先手を打って対策を練っていく必要があると感じます。

 

私は配属初日から大現場に入りました。しかし「何もわからない」では通らない。対する監督や、別業種の職方は、「そこ」にいれば「プロ」として接してくるし、利益の為に高いクオリティを要求してくる。

役所の方々も、数年単位で人事異動があり、全く違う部署に配属されれば、戸惑う事もあると思います。しかし、「そこ」に立った時点で市民の方は、行政の「プロ」として様々な相談や要望をしてきます。大変な仕事だと思います。市民生活を支える為に尽力をして頂いている事に感謝します。

未分類 の投稿をすべて表示