top-image

平成28年8月12日 青年会議所8月臨時総会

柿沼 貴志の投稿 2016年8月13日 

青年会議所8月臨時総会にOBとして出席しました。

2016年理事長の挨拶は

「啐啄」

《「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音》
禅宗で、導く師家(しけ)と修行者との呼吸がぴたりと合うこと。
またとない好機。

コトバンク引用

自分の殻を破る事こそが成長につながる。

殻を破るためには内側(自ら)と外側(仲間)から殻をつつかなければならない。

青年の英知と勇気を地域活性の為に役立ててほしいと思います。

次年度理事長候補者から決意の所信を拝聴しました。
実直な人となりが伝わる素晴らしい所信でした。
次年度は55周年の区切りの年になり、さらなるまちの活性に大きく活躍してくれると確信します。

関連記事
未分類 の投稿をすべて表示

返事を書く